「自死確率・・%」

「死亡退院―生きがいも夢も病棟にある」清水哲男 南日本新聞社 (2004/07)

難病と向き合いながら、それでも生きる。人はなぜ生きるのか、ほんとうの幸せとは何かを問い続け、病棟で生きがいと夢を追い求めた36年の生涯。筋ジス患者・轟木敏秀の生と死、そして愛。

の著者清水哲男さんが、京都での仕事の後鹿児島に帰られる前に、マイクの家に来て頂いた。

マイクのALSが、3重苦3重の9重苦であって、天罰としか考えられない事
また、10年間安楽自死をブログで考えてきたことを実践せよとの天命でもある事
を話させていただきました。
在宅療養が難しいマイクの家庭事情を話し、病院死が困難なら、自死を急ぎたい心情をも話しました。

医療制度によって、長期入院ができなくなってALS患者には胃ろうと人工呼吸器の手術のわずかな入院しかできないのです。
「死亡退院」は、筋ジスの苦痛対処が必要で長期入院ができた頃の轟木さんなのです。

ALSの特殊性と医療制度の矛盾について、マイクに社会的なアピールの必要性を話されましたが、その様な気力はもうありません。
その様な矛盾について、色々な方の意見を調べてみますとのお言葉を頂きました。

内向きでネガティブ思考で籠ろうとしているマイクに、外とのコンタクトをご自分とのメール繋がりを含めて大事にするようご指導を頂きました。
最後にマイクに関心と興味を持っていただいたことを知ってこれまでにない嬉しさを感じました。

そこでお礼に、お酒の好きな方だと知っていましたから、マイクのアートコレクションの一つ、陶器で2重構造のマグカップ(蓋付き)をお受け取りいただきました。電子レンジでお酒の燗ができると思いついて、作家に話したらそれを売りにするようになった作品です。

帰りしなに、マイクの心情が自死・・%だとお話したら、納得されたように見えましたが複雑な気持ちになりました。
とにかく今はこの程度の症状で自死するなんて恥ずかしいことはできませんが、何時までか、また良い状況が訪れるかどうかは全く分からない不安で一杯です。

Share this...