大切に育てていきましょう

マイクさん

今日感じられたこれだけの絆の存在は、マイクがALSという特別の同情があったにしても、ここにおられる皆さんにもこれ以上の絆をお持ちであるに違いないという事をお伝えしたかったのです。

絆って、自分ではなかなか気づけないものですね。かたく結ばれて、守られているにもかかわらず、そのことに気づかない。そのことに気づくのは、多くの場合失ってからかもしれません。それはとても悲しいことですね。

ぼくは4年前父を亡くしました。ぼくが60歳、父が87歳の時でした。そんなに長い時間一緒に生きてきたのに、決してわかり合うことはありませんでした。反発しあい、時には憎しみあい、背中を向け合うそんな関係でした。ひとことで言うと、とても嫌いな父だったのです。でも、あたりまえのことですが、ぼくらは父子という絆で結ばれていました。

ぼくがそのことに気づいたのは、父の命の灯がまさに消えようとしたその時でした。父の命の時間が限られた時、大嫌いな父だけど、ぼくが看取らなければと思い、京都と鹿児島を往復する暮らしをはじめました。そうするうちに、父の口から信じられない言葉を聞いたのです。

「すまん。苦労かけるな……」
それに対してぼくは自然に答えていました。
「嫌いでもあんたの息子やからな。しゃあないやんか。苦労なんて思ってない」

父の言葉に驚いたのはもちろんですが、その言葉に素直に答えた自分に驚きました。俺とこの人は親子なんだ、と。その関係はどちらかが消えていなくなっても、絶対に消えることのない関係なんだとわかりました。でも残された時間はわずかでした。ぼくが1分1秒を惜しむように父の話を聞いたことは言うまでもありません。そうしてようやく父という人がなんとなくわかったような気がしました。父がぼくのことをわかってくれたかどうかはわかりませんし、決して好きにはなれませんでしたけど(笑)

おたがいがおたがいのことを、いろいろ考えた結果として、摩擦や衝突が起きる。思いが募れば募るほど、自分の思いが届かない苛立ちや、失望が、新たな摩擦や衝突を生み出す。そんなことはわかっているはずなのに、なのに素直になれない。そんなことを繰り返してきたのです。
でも、そのことに気づかせてくれたのは、ほかならぬ父だったのです。それを絆と呼んでいいのかどうかもわかりませんが、父とぼくの絆を気づかせてくれたのは、大嫌いな父であり、大好きな父だったのです。
父はいなくなりましたが、ぼくは父が気づかせてくれた絆を大切に生きていこうと思います。 

絆を気づかせてくれるのは人。マイクさんを支えようとする大勢の人を目の当たりにして、強くそう思いました。ぼくもその輪の中に入っていることをうれしく、誇らしく思います。

マイクさん

その輪を、絆の輪をもっと大きく、何重にもひろげていきましょう。
そうしてみんなで生きていきましょう。ひとりの力では何もできないかもしれません。でもまずそのひとりが何かをはじめないと、何もはじまらないと思います。マイクさんを中心にひろがりはじめた命の絆。大切に育てていきましょう。

絆とは Yesの心があってこそ

清水さんのお身体の様子を想像するしか出来ませず 自分のことばかりの書きっ放しになっています
そのことを何とかしようとしても ラブレターなら 昔は相手を想う心で書き慣れていたのですが 最近はこの前の返信で昨年の「私の年賀」を見て頂いたと思いますが 宛先の方よりも自分のことばかり書き連ねるばかり
それでも賀状のスペースが足りず 老人仲間から嫌われる程の小さな活字
最近は滅多に出さなくなった手紙も 季節の言葉や挨拶もなく いきなり“Mr.No!”を連発するだけのマイクです
入院生活と言えども意外と忙しく 消灯の眠りの前にかなり右手が不自由になってキーミスに気が散り 文章力には気が回りませず とかでお許し下さい

確かにあの時 オープニングの”Have a nice day”の瞬間に マイクは マイクにはマイクの気付いていなかった絆があったのだと初めて知ったのです
それからずうっとラストまで 信じられないマイクだったのです
マイクを自死願望者に自らを追い込んだのは 信じていた友人からも ALSという疫病神と思われるのは当たり前で それくらいなら誰からも逃避すべきと
振り返るとこれはマイクの最も恥ずかしい「人でなし」を暴く事実なのです
それが危機一髪でマイクの前に現れて 誰もがそうではなく また マイクの失敬な偏見かも知れないと気付かせてくれたのが ふたりの神様仏様だったのです

オープニングからラストまでマイクは嬉しくて一人一人全ての知人友人を確かめようとしました
それ以上に嬉しかったのは全員が総立ちでマイクに視線を向けられていて 来ていただいたマイクの知人友人全員がどうしてと思われたくらいの一体感を感ずるのが出来たことです
残念なことはマイクの言葉の不自由で 今日の感激を頂いた感謝と もう一つ 正直に皆さんへの信頼を裏切りかけたことを謝りたかったのですが できませんでした
感謝と謝罪は 特に謝罪で言いたかった事は 今日感じられたこれだけの絆の存在は マイクがALSと言う特別の同情があったにしても ここにおられる皆さんにもこれ以上の絆をお持ちであるに違いないと言う事をお伝えしたかったのです

本当にステレオタイプで “Mr.No!“ でネガティヴなマイクが 妄想好きぐらいなことだけで 果たして “Mr.Yes!”マイクになったと言えるか
それよりこれからズーッとそうあれるか?
ちょっと放っておくとヤバいマイクだと
こんなこと最後に書かないようにならなければ・・・

「絆」ということ

6月29日 生前葬パフォーマンス「えんじょいデス」会場にて

今日は7月11日。
ぼくは毎月11日、この日亡くなった友のことを思い、「絆」ということを考える日にしています。だけど、6月29日のあの瞬間を経験した今、「絆」という言葉がより切実に思えるようになりました。
あの時、会場にいたすべてのみなさんに、マイクさんに、心から伝えたいと思います。

ありがとう