精神的延命治療に感謝して

神様仏様によって 自死願望症候群のマイクは 精神的延命治療を受けました

マイクがどんな状況の時だったのかは 思い出すのも恥ずかしいのですが 何度でも告白することで この往復書簡の意味を振り返ることになるかもしれません

マイク78歳が 2月6日にALSが確定したその時一番に思ったこと

既に人生を十分楽しんだ
やり残したことを随分前から考えてきたが 悲しいことに見つからなかった

希望のある若さなら少しの惨めさを我慢するにしても 今更酷い惨めさを味わいたくない

健康なうちに死ぬべしとする須原一秀を批判していた筈のマイクなのに 直ぐに信奉者としての自死願望症候群 と言う訳ではありません
ただ直ぐに死んだ方が利口だと判断しました
しかしこれだけで自死をする決断にはならなかったと思います

確かに2月のALS確定直ぐには 死を覚悟するものの 全く悲観的でもなくただ事実を平然と受け入れていました
何故なら検査入院前から自分で自覚していた通りでしたから納得がいったと言うくらいの余裕すらありました

しかし難病認定を申請したり主治医を決めたりの病院や行政との折衝に 弱り切った筈の患者には複雑で手間のかかる しかも遅い処理などにストレスがたまり精神的に弱いものいじめかとまで思わせられました

それよりも次第に今後の療養にについての不確定なことを意識するようになり 不安と不信が積もってきました
病気の進行については医師は全く予想したがりませんどころか 確定検査しただけで退院宣告してからは放り出されたようなものでした
今後の治療の段取りもわからず主治医探しに走りました

加えて我が家の事情で家内を拘束したくないため在宅でない療養施設を望んだのですが 長期受け入れは医療制度が変わってから無理とわかり それではどうしたらよいのか 介護ヘルパーなどに勧められて体験するなど忙しかったのですが 尚更不安が募るばかりでした

“精神的延命治療に感謝して” の続きを読む