Re:生きる義務はない?

マイクさん

おっと、油断してたら、ネガティブマイクが戻ってきましたね。明るいマイクさんも、暗いマイクさんも、どちらも本物のマイクさんでだと思います。というか、この振れ幅というか、揺れ幅というか、そのすべてがマイクさんなんだと思います。

ぼくは、人は誰でもポケットの中にいろんなものを突っ込んで人生という道のりを歩いているのだと思ってきました。そうしてその日の気分によって、ひょいとその中のひとつを取り出す。それが生きる喜びであったり虚しさであったり、死への願望であったり恐怖であったり、希望であったり絶望であったり、愛であったり憎悪であったりするのでしょう。
ぼくもそうです。がんなんかで死なないと思ったり、ああ、ぼくはがんで死ぬんだろうなあと思ったりです。明るい日もあれば暗い日もあります。生きている人間ですから、当たり前のことじゃないでしょうか。そう、それが生きているということだと思います。

でもぼくは、マイクさんのALSという病気のことを思うとき、マイクさんにどう声をかけたらいいのかすら見失うことがあります。愛だとか、支えだとか、抱きしめるとか、寄り添うとか、そんな言葉がマイクさんのこれから人生を、これからの時間を、どれだけ楽にするかと考えれば、とんでもない無力感に苛まれます。結局ぼくはどうでもいいようなことをしようとしているのか。ひょっとするとマイクさんの心の揺れ幅を、いたずらに大きくしているだけかもしれないとさえ考えてしまいます。もしそうだとしたら、ぼくはとんでもない間違いをしているのかもしれません。

でもぼくはすでに、マイクさんが揺れながら生きようとしている言葉、姿の中に、自分が生きて行くための希望を見出そうとしている自分に気づきはじめています。マイクさんにとっては大変な迷惑かもしれません。どうぞお許しください。こうやって言葉を交換することで、自分の中の生死に対する思いが深まり、自分自身のこれからのあり方を、自分自身で考えて行く。これがぼくが言う希望なのです。簡単に言えば、たとえそれが死ぬ日であっても、自分の明日は自分の目で見届けたいということです。

生きる義務ってなんでしょう……。
マイクさんの言葉に触発されて、生きる義務ってなんだろうと考えてみました。自分の中で浮かんだ答えは「人のために生きる」ということでした。誰かのために生きるということです。大切なのはもちろん、それが誰かということですが。
マイクさんの場合は、それがご家族やアオヤンさんのような親しいお仲間になるのじゃないでしょうか。その人たちのために生きるという人生があってもいいのではないでしょうか。生意気ですがぼくはそう思います。

いえ、ほんとうのことを言うと、この間何度かぼくのポケットの中で「死」というやつが暴れだすことがありました。でもそいつがポケットからひょいと顔を出しそうになった時、何人かの顔が浮かび、ああ、この人たちのためにもうちょっと生きたいなと思わせてくれるのです。
誰かのために生きてみるという人生も、ぼくは素敵じゃないかなと思っています。

前に父の話をしましたが、今日は母の話をしたいと思います。
母は今年95歳になりましたが、40歳代で子宮がんになりその後がんによる手術を6度経験しています。今のような腹腔鏡手術などではなく大きく開腹するという手術を繰り返してきているので、身体は切り刻まれた状態になっています。母はそれを「満身創痍や」と笑っています。そんな母にたずねたことがありました。死んでしまいたいほど苦しくはなかったか、と。それにも母は笑って答えました。

「あんたやらお父ちゃんを残して死ねへんさかいな」

と。それがほんとうだとしたら、母はぼくら家族と共にあることを生きる義務としてとらえていたのでしょう。
ぼくは母に自分の将来の姿を見ています。ぼくもいずれああなると。
その時ぼくを支えてくれる人がひとりでもいれば、ぼくはどんなに苦しくても生きる方に顔を向けたいと思っています。

生きる義務はない?

昨日の埼玉のニュースに刺激され マイクには無縁と思っている人工呼吸器のことを 今朝もサイトで見てみました
学術論文や 患者さんの病歴と活動報告の詳細さとレベルの高さにビックリです
それと政府に対する陳情書など福祉活動に関わる現場の人たちの努力を知り頭が下がりました
何も知らずALSを生き地獄と決め込んでいるマイクとは別の世界観を見ているように思います
まるで人種が違うような

勿論です 今届いた返信「うれしい仲間」にあるお言葉通り こんな真似できそうもない人の真似なんかできませんし マイクは在るが儘 と言うよりもっとマイクらしく エンジョイ・デスのプライドにかけて 但し 生き地獄の前までは生続けて見せます

愛を信じられる 愛に甘えらえる人もいれば 逆に篭りたくなることもありました
その原因は自分にあるのかも知れませんし 寄り添うことを忘れた身勝手かも知れません
弱者を見る目は その人の何によってかは分かりません
社会の文化度の違い 倫理観の違いでもあるのでしょうし 環境や育ちによるので人それぞれで当たり前です
だからと言ってそれで済ます訳にはいきません
お互いに愛や優しさに頼らなければ社会は成り立ちません
そのような気持ちが誰にでも また元々マイクにもあったのか
いや マイク自身が 自分の生き地獄のさまを 卑下しているのを自覚しない訳にはいきません

憲法11条や14条を取り上げるまでもなく 弱者にも等しく人権をもっているのです
その権利は生きる権利だけでなく死ぬ権利でもあるのです
しかも生きる権利はあっても 生きる義務は必ずしもないのです?
また死ぬ権利はあっても 死ぬ義務もないのです?

好きなように最後は自分で決めたらいいと 憲法は保証しているのです?
死にたがりのALSのマイクの自死願望の話に素直に納得されるのは 医療・介護の現場の実態や矛盾を知る方々です
だからと言って その方々は絶対自死幇助をしません
それなら 西部邁の言う自裁死なる自死を許せるのでしょうか
死を自分で決める権利があっても 実際にできる 或いはしても良い死に方はあるのでしょうか
現実にはそれがないから 西部邁は単なる自死を 幇助者まで殺人罪にしてしまうしかなかったのです
それは世間が11条を無視しているからなのです
マイクも 家族を考えると自死できませんのも世間との矛盾の被害者なのです
こう考えると 安楽死は権利であり支援することこそ尊厳に値するのです

暫くはこんな話から遠ざかろうとしていたように思います
如何したことかついつい書き込んでしまいましたが 安楽死を考えることから離れられないマイクなのです
効くか効かないか分からぬリルテックやラジカットではなく 効き目のある新薬を待つよりも マイクには 安楽死を世間が認めるようになる方が早いような気がしています
しかし マイクが生き地獄になるより早いとは思えないのが悲しい