地獄に目覚めよ/妄想を叶えよう

お仕事を抱えての不安ごとですので どうかご無理なされませんように ひたすら祈ります

今週末から10日間の点滴が始まる筈なので 主治医に確認したいのですが 今日も回診がありません
向かいのベッドの陽気で繊細な患者さんが 初めて不安か不平で涙されたのが今日のマイクにはショックで思うところありますが テレビは昨日の続きを書けと言わんばかりなのでそうします

川崎拡大自殺と上級国民の愚息殺人が繋がるのは意外な様でも 根源は同じ自己中な気紛れにあるのです

中高年引き篭もりを 他人事として 知識人も政府も当然愚民もが放置(後で言いますが放置ではなく育ててきた)してきたのだから 61万もの分母になった今 気紛れと違わないこの類の爆発が そこそこの頻度で事件になるのは避けられません

比較として難病患者では分母が 指定難病受給者 総数 89万2445人(H30)に相当する
その中の 難病中の難病と言われ 神の気紛れの結果としか思えないALSの発症者数は 10万人当たり1.1~2.5人(2〜6とも)を2人として これを難病総数90万に当て嵌めると 分子は18人に相当する

ALS患者は気儘だというサイトもあるくらいなので 全患者がALS患者に見習って? 人権差別を不満に感じて 身勝手な叛乱を企てたら 毎年これくらいの数 18件の事件が叛乱分子として発生して当然?

地獄思想を幼児時代に身につけたなら 我儘にならないで弁えのある育ちをすると信ずるマイクです
戦後までの神仏のいた時代に生まれ育った高齢者の筈なのに 偶々バブルを作り上げた時代にいたと言うくらいで 傲慢さを身につけてしまい 自ら自己中無神論者になったばかりでなく 我が子孫まで自分ファーストで気紛れ気儘で生きられることを見習わせてしまった
天から頂いたバブル崩壊という天罰にも気付かず 懺悔どころか罪滅ぼしなどの意識を持つような かっての企業戦士には出あったことはない

80 50問題は来るべくして起こった
繰り返しますが バブル崩壊にすら罪の意識のない無責任高齢者が 今まだバブルを作ったという妄想を盾に 戦士でもなかった準公務員(ビジネスマンでもないだだの平サラリーマン)までもが 自分たちに権利があると 社会福祉を当然の様に要求する
こんな奴らを目覚まさせるには 拡大反逆を起こすことでしか救われないと考えるしかない⁉︎
しかも高齢者だけではなく 可哀想にもそのように真似してきた世代までを巻き込まないと?

実はマイクがこんな風に思うのは 所謂自爆テロを見る眼にも同じことを考えてしまうのです
テロしか考えられなくなった一神教原理主義弱者には 世界を覇権する強者に抑圧されても 簡単には叛逆できないのが普通です
それに慣れた無神自己中ファーストからの次々の制圧の驕りに 堪忍が限界を超えて爆発するのは同情されて当然なのです
しかしその同情も覇権者に忖度し批判側に回るばかりで 更に窮地に追い込まれるだけなのです

相当に危険なことを調子に乗って喋ってしまいましたが これはまだ無責任な妄想の範疇なのです
でも妄想だけではストレスが溜まるばかりです
どこかに発散し 何処かでぶつかり 次第に責任ある実践を目指したいものです
これこそ妄想の使命なのです

一寸話外れますが マイクの安楽自死受け入れ施設には こんな妄想を叶えられなかった終末期老人に バーチャルでも思い叶えさせる役目を機能させようとしています
最期の楽しみをサポートするスイスのライフサークルにもない考えです

神様は貪欲に生きる/弱者排除は地獄へ

清水さんの検査結果については 追加検査を待つまでもなく これまでの様に貪欲さでどんな病も払拭されるものと信じています
何しろ神様というのは 現世の罪悪を裁き導く存在です
清水さんのように優しく万人を愛する信念を持っておられる神様が自らを以って裁くようなネタはない筈です
序でに申し足しておきますと 仏様はあの世に送られた罪深い人を救うのです
マイクは ALSという天罰を頂きながら ALSを天命として 世にやるべきことがあろうと 現世で神様に導かれたのです
仏様からは 生前葬の後も地獄に落ちないよう見守って下さるようです
ありがたや!なんまんだぶ!

代々木に住む兄長男からは先週に見舞いを受けて 今日は金沢から5歳上の兄・夫婦と二人の娘が見舞いに来てくれて 何より癒されるのは 全員涙するのが兄一族なことです
兄はマイクと違って 白髪も少ないフサフサですが 年老いて涙脆くなった兄との再会に 兄もマイクもホロっとする

それにしても テレビで話題の 川崎の岩崎隆一(51)による拡大自殺と 元事務次官(76)が拡大自殺を懸念した息子(44)殺人が気になる
それに絡んで 「死ぬなら一人で死ね」発言に対する賛否が沸いている

中高年の引き篭もり61万に聞かせておきたい言葉が 却って刺激するかも知れないと激論されている
被害者意識のある者に どちらが有効かでは 何方にしても相当に多い引き篭もり分母から 相当数の危険分子が発生するのは避けられません
分母の大きさを問題にすべきなのに その議論抜きの討論で衆愚を煽るメディア
その問題解決を真剣に考えていないのは 困難さではなく他人事面の知識人の怠慢です

引き篭もりも 自死願望者も 共通する面があります
自死願望経験者マイクから考えると 孤独感で引き篭もり 被害者意識から離れる余裕を欠き 死の恐怖が麻痺する程に自己正当化 または逆に破滅的自己否定できる知性を持つ 様になる
この3つが揃うと決行に走りやすくなるのですが 被害者意識によって特定者になることが殆どで 不特定にもなるが 規模まで慎重に決める余裕はなく 偶々または 破れかぶれの手当たり次第でやることで済ますのです

エスカレートする無差別大量殺人 などにも共通するが
特攻隊 赤軍 オーム 自爆テロ は 組織される思想的弱者排除の結果
拳銃乱射 無差別路上切り込み 無差別路上車突っ込みは 個人的弱者排除の結果
の違いでしかない

超高齢少子多死時代の時代の歪み 格差拡大の個人主義の蔓延する 老人先進国は 世界のリーダーとして 神仏を哲学し 防止策としては 地獄を幼児教育するくらいでいいのではないでしょうか?