入院体験は人生を短時間で/色々と 濃く ギリギリまでも

マイクの最近の悩みは 粘ねばの唾液が口に一杯 溜まることなのです
医師と相談したら 薬で唾を少なくする事を勧められましたが 今は我慢する事にしています
ところが昨日 不安な気持ちになると交感神経の働きで唾が粘っこくなるらしいと薬剤師が自信なさげに教えてくれました
(しかもサラサラと粘度の高い2種類の唾液腺がある?とも?)
退院が決まって寂しいような不安な気持ちの所為なのか その粘った唾を とろみ付けたお茶で 下手に飲み込んでしまい誤嚥で咳き込んだ
偶々ベテラン看護師が聞きつけて吸引してくれたまでは良かったのですが お茶の匂いを嗅いで怪訝な顔して臭うといって取り上げられ ドキッとさせられました
捨てると言ってナースセンターに持ち帰られ 流石のマイクも覚悟はしましたが その後主治医の回診でも何もなくホッとしました
どんな匂いだったのでしょうか?詮索なしで・・・

マイクは学生時代の山登りのザックに “Mine albaiten est das abenteuer”
と書いて粋がっていました
弱虫でシャイな癖に 正義感があると言うより憧れていた程度ですが 弱い者の味方を好み 危険・冒険をも結構楽しむ方です
と言うか実は 只の開き直りに自信があるスコイ奴 なだけなのです
でも確実に 危険な所には 面白い人間がいて 楽しいのです

危険とは一寸違いますが 入院患者を見ていると 色々の人がいて或る意味で楽しいのです
昨日はこの病棟の入り口に変なセンサーが特設してありました
看護師に聞くと1人抜け出す患者がいての対策だと言う
これくらいではなく 爪切りで酸素呼吸器の管を切った人がいて その方は夜になると酒を酒をと探すのですが看護師からここは家ではないと諭され諦めて寝ます
何を言っているのか如何しても分からない奇声を 一日に何度もあげる人にも特別の関心があります
こんな人が側にいてもマイクは殆ど気にならないか 却って関心があるのですが 病院ではこれ以上近づくことは難しいのです
話したくても全く話せないのは カーテンを閉めて閉じこもる人と 今はもう一人 家族が来られても全く反応のない 胃瘻で生きてるだけの人もいます
閉じこもる方には お風呂で一緒になれるので何とかしたいのですが 無理は無理と諦めるしかできません
これまで何人もこれ以上QOLが下がりようもないの方が同室におられましたが ご家族には少ししかお聞きできず 折角の機会なのに「勿体ない」と感ずるばかりです
病院の中では 全てクローズに思えて「情けない」思いがします
折角の色々の人生を堂々と見せ合えないのは 何としても「みっともない」ことだと思ってしまいます

昨日は清水さんの著書「夢 なかまたちの明日」を読み あとがきに かごしまコープ障害者共同作業所の62人の仲間たち一人ひとりに贈る感謝の短くても心ある言葉には 感激し大泣きしました
それにはKDEまやちゃんが 何時も公演の打ち上げで 全員に一言づつ手書きで大入袋を配るのが恒例になっているのと重なって思えたからです
昨日メッセンジャーでこのことを 誰にでも平等に優しい神様仏様に泣かせてもらってありがとうと伝えました

序でですが マヤちゃんからは 北海道に行った時に大仏様をバックに観音様をポーズした写真を拝んでおいてとの返信があり ナンマンダブと拝みました
それである質問を返したのですがそれは秘密と逃げられました
その秘密ということですが マイクは相当危険なことをやってきた自負はあるのですが 世間体を弁えれば それを直ぐには話せず 秘密の儘か 暫くしてからなら自慢話なのです
秘密は自慢話になり また多い方が豊かな人生の証拠なのです
それも失敗話や恥ずかしい事でも尚更です
しかしその自慢話を若い現役の人間には語れないのですが 逆に年寄りには 語らずには死ねないのです

もっと病気を誇らしげに そしてオープンに
年寄は自分を告白し懺悔し 今は出来なくとも 罪滅ぼしの切っ掛けになるのです
年寄りには 少しでもいいからの世直しのチャンスがあるのです 命を懸けてでも

理想を求めるトルストイが晩年 日記で 自分の醜聞ばかりか 3大悪妻として有名なの妻をあからさまにしている事を6/13に書きました

愛ある親切で絶望から救われました

嫌老社会に生きる老人よ 終末期を悟ったら 罪滅ぼしに懺悔だけでも必ず!
老人よ 大志を忘れては 地獄行き確実なのです!

老人は美しくセルフネグレクトを❓

2年前は ゴミ屋敷がテレビを賑わす
それを老人の自己否定とか自己放任とか言って嫌老社会を煽っていたのを思い出します
拡大自殺もトーンダウンしたかと思うや 高齢者事故で次々と叩かれ続けています
そこで思い出したように 2年前のセルフネグレクトを老人の死に方問題として見直します

2017.4.27「セルフネグレクトを放任するのではなく」(最期はセルフネグレクト)
このカテゴリーを「最期はセルフネグレクト」としたのは ごみ屋敷の原因を 病的扱いとするところから出来た異常症候群の一つの表れとしたことと マイクの思い願う終末期は同じであるべきではないかと直感したからです

小学館/デジタル大辞泉によると『セルフネグレクト』とは
成人が通常の生活を維持するために必要な行為を行う意欲・能力を喪失し、自己の健康・安全を損なうこと。必要な食事をとらず、医療を拒否し、不衛生な環境で生活を続け、家族や周囲から孤立し、孤独死に至る場合がある。防止するためには、地域社会による見守りなどの取り組みが必要とされる。自己放任。

とある
ところが 一般には ごみ屋敷に限定されているかのように使われていて 恰も汚れて汚いもののように思われているのが残念です
老人の生活能力が衰えるのは避けられず それでも象が死に場所に向かうように 美しい最期を迎えたいとの思いを大事にしているのかもと思います

ネグレクトを意識する→自己価値認識(自己否定)→セルフネグレクト(自己放任)→習慣化→症候群
次は 周囲から放任されると →ゴミなどに価値を認めて友人知人の様に安心する→ごみ屋敷

このような症候群状況になるのは避けれれない
それを避けるには マイクが必要と考える安楽自死センターの 一つの機能として セルフネグレクトサポートも大事だと思うこの頃です

2017/3/13「積極的なセルフネグレクトを」(最期はセルフネグレクト)
孤独死やゴミ屋敷の問題と「セルフ・ネグレクト(自己放任)」がとても密接な関係にあるとある
「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」「アスペルガー症候群」など 発達障害や「セルフネグレクト(自己放任)」「統合失調症」「認知症」と言われる精神疾患の可能性もあるとか
指導・叱責しても無意味なばかりか 余計なプレッシャーを与えて逆効果の場合もあり 凶暴性があるとも

マイクが考えるセルフネグレクトは 性格の優しい人ほどなり易い 他人に迷惑を掛けたくなくて孤独によって解決しようとするケースを想定しています

このカテゴリの前は(死は他人事ではない)でした
死を自分のことであることを忘れてはいけないとの思いが 実際に家内の弟の死に接した最近のことで身に染みました
優しい一人身の彼の最期に 何の手伝いもできなかったことを悔やんでいますが メメント・モリの機会を深めたことを感謝するばかりでした

厭世や精神疾患でセルフネグレクトになるようなことではなく マイクは もっと積極的なセルフネグレクトを 安楽死と絡めて考えてみたいと思います

最近の精気が低下しているマイクには ボチボチになるかもしれませんが・・

( )は2019.6.6追記
(ボチボチなどと こんな生気のないことを書き込んでいますが 2年前にはまだ元気そのものだったマイクには こうなると言う予知能力があったとしか考えられません)
(2年前はゴミ屋敷問題がよく取り上げられていて 無責任な住人心理を世間はこう説明して批判するだけでした)
(自分自身を断捨離するべく死に逝く老人が そん風にワルになるべきではないことを思いながら 積極的に美しいセルフ断捨離をさせてあげるべきと2年前には思っていたのです)
マイクは(ALS確定前には)養子でもないのに家内から養子以下の扱いをされ 子供や孫からもネグレクトされているのを感じています
(ALSはそんなに悪い病ではないと前に書きましたが(このブログ2019.4.12) 個人的には 家族が激変して優しくなったというメリットもプラスするのです)
(或いはマイクのように老人性ALSになって→自己価値認識すると→セルフネグレクト→自死願望症候群)

(何を言おうとしているのか分かり難かったことをお詫びします
実は 自分を見失ったゴミ屋敷高齢者が 嫌老社会を煽るのでなく 彼等の最期を象のように美しく導いてあげる施設としたかったのです 安楽自死支援施設を)
(そしてまた付け足しますと 自己否定や如何でもいいなどと思わせないように 人生最期までに出来なかったことを バーチャルでもいいから叶えてあげたかったのです)