遅れましたが敬老の日とはを考えます/強くなりたい

敬老とは?
70年前は 55歳以上が老人であり 敬えるべき老人が多かった頃の発想だったのでしょう?
長寿天国と日本を褒め称えたいい時代があった様に思いますが 今は?
高齢者医療無料のバブル時代もあったのは S48年頃〜(老人保険法S58〜)

断然トップ と 言われ出した高齢化率も 今や28.4% 長寿先進国?
平均寿命より切実です
人生100年時代は流行語に(金融庁まで95を標準に)
不老長寿を究める薬でも?出来たのでしょうか
2017に日本老年学会が「高齢者を75歳以上」と提言し 65から一挙に10年先に

麻生の「老人はさっさと死んで欲しい」発言2013を待たず 老人の社会負担が 言われる様になり 嫌老社会の風潮が生まれる
それに対して健老社会をコスパだとの信仰を起こし 健康寿命まで設定した
人夫々のバラツキを忘れて 恰も誰でも100年と錯覚する迄に嵌る

マイクのネガティブ思考は 尊敬に値する老人だけを敬老せよと言いそうですが マイクとしては敬老を 羨まれるほどの尊敬される老人で在りたいとの願望祈念を意味すると 無難に思うことに
但しそれは人生55年時代のことで 健康寿命を越した老人にはバラツキがある 100まで生きると 現実には 敬意敬老より要支援要介護認定?
支援の要否が社会的な問題・福祉として取り上げられたのです
介護保険法1997〜 支援の時代そして人権の時代へ

敬老の日9/16と老人の日9/15の違いは
祝日法1966の敬老の日の趣旨は、多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝うこと。
老人福祉法1963の老人の日の趣旨は、国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意欲を促すことである。

社会に尽くして来た老人は敬老されて まだQOL向上の可能性ある老人しか社会は受付けないと言っているようなものです
これから見ても2000年以前の日本の福祉は人権問題がありそうです

さて 今日の清水さんの言葉に感心して繰り返し読んでいます
「利己か利他か……。
ぼくは他者との比較で自分の在り方、立ち位置や境遇、さらには恵まれているかどうかなどを探ったり、確認したりというやり方を好みません。ぼくは徹底的に自分自身に集中したいと思っています。自分に徹するということです。ぼく自身がやりたいように、徹底的にやる。そのぼくが自分のことだけを考えているようなら、それはとんでもなく利己的な結果を招くでしょうが、そのぼくが社会との関わりの中で生きることをやめない限り、他を利することに繋がると思っています。そこではじめて利己・利他という二項対立を止揚できるのではないかと。そういう生き方をしたいと思っています。」

マイクは今日のテーマの文章でも 最近の書き込みでも何時も白状している通りです
マイク自身が利他であったり利己であったり 比較や差別志向があったり 時と場合にふらつく人間であることを自己不信に思ったりするのです
清水さんはそれを自分に徹することで避けられるとの信念をお持ちだと読み解きました
社会との関わりをやめないと言う強い信念も何処から生まれるのか羨ましい限りです
繰り返し読んでみますが 弱々しいマイクには刺激的ですが そのようになれないことを 何度もここで白状するだけで悩みが消えません
清水さんの様な強い信念を身に付けたく思うマイクをご叱責下さることを強く望みます

出来るか分からなくってもやって見たい

程々に生きて 長生きできるとは思ってもいなかった筈なのに 偶々あっという間に100歳となっていたと言う程度のラッキーとしか言いようのない元気老人ばかりが 人生100年時代と言う話題に持ち上げられています
これを中村仁一は浮かれ過ぎではないかと言っている
実際 100歳まで 心満たされて生きられる確率は どれ程なのかと疑問視しているのです
でも素直にラッキーはラッキーで羨ましいし あやかりたいものです
死にたいのに死ねない老人がどんなに多くてどんなご苦労をされているのか マイクはそれの方を知りたくて また何とかせねばならないと思い続けています

さて今夜は マイクをどう作りあげるかを
マイクの78歳は 健康寿命7年を過ぎ 平均余命は後10年と言われる年齢です
健康寿命の後の生き様を「生活死」というらしく 人のお世話になっても当たり前と許されるらしいのですが 幸いにもマイクにはその意識がありません7年でした
もうお世話したくとも出来なくなったと言われかねない様になると覚悟すべきまでには10年ある筈でした
ところが前7年後10年というほぼ真ん中の78歳の今 どうした訳か もう10年も要らないのではと問いかけられもせずに 半分以下の3〜5年で良いなら 精々倍ほどのお世話になっても良いよと 天命として ALSを頂いたのです

なのに 何を焦ったのか 告知からの2ヶ月は家族の世話になりたくないとかなんとか言って 他人の迷惑顧みず 少しでも早くと危険状態を自らセットする事ばかりの日々でした

こんなマイクですが 結構ネガティブながらあれこれ考える習性を楽しんでもいました
それを見抜いた清水さんがマイクの『エンジョイデス』に興味を持って頂いたのだと思います
そうなればこれからは 皆さんのご支持に感謝し 公的な支援を 遠慮なく受け入れて生きますこと ありがたきかなであります

しかし倍ほどのお世話になることは倍ほどのお返しをせねばならないのです
せめてマイクの余生は 長寿化で希薄化する老後に逆らい ALSならではの余生の濃縮化を天命として課せられているのです