絆とは Yesの心があってこそ

清水さんのお身体の様子を想像するしか出来ませず 自分のことばかりの書きっ放しになっています
そのことを何とかしようとしても ラブレターなら 昔は相手を想う心で書き慣れていたのですが 最近はこの前の返信で昨年の「私の年賀」を見て頂いたと思いますが 宛先の方よりも自分のことばかり書き連ねるばかり
それでも賀状のスペースが足りず 老人仲間から嫌われる程の小さな活字
最近は滅多に出さなくなった手紙も 季節の言葉や挨拶もなく いきなり“Mr.No!”を連発するだけのマイクです
入院生活と言えども意外と忙しく 消灯の眠りの前にかなり右手が不自由になってキーミスに気が散り 文章力には気が回りませず とかでお許し下さい

確かにあの時 オープニングの”Have a nice day”の瞬間に マイクは マイクにはマイクの気付いていなかった絆があったのだと初めて知ったのです
それからずうっとラストまで 信じられないマイクだったのです
マイクを自死願望者に自らを追い込んだのは 信じていた友人からも ALSという疫病神と思われるのは当たり前で それくらいなら誰からも逃避すべきと
振り返るとこれはマイクの最も恥ずかしい「人でなし」を暴く事実なのです
それが危機一髪でマイクの前に現れて 誰もがそうではなく また マイクの失敬な偏見かも知れないと気付かせてくれたのが ふたりの神様仏様だったのです

オープニングからラストまでマイクは嬉しくて一人一人全ての知人友人を確かめようとしました
それ以上に嬉しかったのは全員が総立ちでマイクに視線を向けられていて 来ていただいたマイクの知人友人全員がどうしてと思われたくらいの一体感を感ずるのが出来たことです
残念なことはマイクの言葉の不自由で 今日の感激を頂いた感謝と もう一つ 正直に皆さんへの信頼を裏切りかけたことを謝りたかったのですが できませんでした
感謝と謝罪は 特に謝罪で言いたかった事は 今日感じられたこれだけの絆の存在は マイクがALSと言う特別の同情があったにしても ここにおられる皆さんにもこれ以上の絆をお持ちであるに違いないと言う事をお伝えしたかったのです

本当にステレオタイプで “Mr.No!“ でネガティヴなマイクが 妄想好きぐらいなことだけで 果たして “Mr.Yes!”マイクになったと言えるか
それよりこれからズーッとそうあれるか?
ちょっと放っておくとヤバいマイクだと
こんなこと最後に書かないようにならなければ・・・

ありがとうございましたこんなに多くの方々に

昨日の公演を終えて 何よりも神様と仏様に救われただ事がここまで広がりをもてた事にとても嬉しくありました
公演にご支援いただいた多くのご足労と あれほどの知人友人との再会で マイクの現状を見て色々と考えていただけたでしょうことに 厚くお礼申し上げます
当日パンフレットにマイクからの挨拶として 「マイクからのラブレター」なる言葉を載せました

loveletter_from_mike

公演明けの今日は これの転記だけの余力しかありません

多くの方々にマイクの難病が残酷なものであるとお知りいただいて 慰めの言葉も見つからず 辛い思いをなされたかと思います
しかも本日の公演がALSの身体のマイクにどうなることかとご心配いただきながら お越しいただいたこと 誠に申し訳ありません

意外に思われるかも知れませんがマイクは 多々ありました危ない試練にはラッキーにも 大抵のことは 覚悟して乗り切ってきました
しかもこの度のことは並みの試練ではないことを直ぐに天罰として自覚しましたし またこれを神仏からの天命と信じて受け入れることができたのです

しかしこの度は 告知退院からいきなり在宅療養しかないALSの現実に迫られてしまい 家族への負担を掛けたくない自分のありようを考えれば考えるほど答えが見つからず不安が募るばかりだったのです
しかも初めてのことで 病状の進行よりも 療養受け入れの厳しさに直面し 精神的にどん底の危険状態を経験しました

それを見兼ねた多くの仲間の中から 二人の神様と仏様がマイクを救う企画を立ち上げられて 危機一髪で今のマイクに導いていただいたのです
元々のネガティブマイクが こんなに多くの愛ある親切を素直に受け入れられて変身できたのも 今日来ていただけた方々ばかりでない多くの方がおられると知ったお陰げなのです
そんなマイクです そんなマイクから 皆様とこれまで以上に絆を深められます様 お見守りいただけますよう感謝とお礼を申し上げます

マイクのこれからは どん底の体験者として また弱者の当事者の立場から支援できることを予感していますので 難病にだけではない支援に 細やかでも 残りある時間を捧げる ことできれば 至福のえんじょい・デスとなると想い願っています