昨日の中途半端を気にして/博愛こそと

台風はこちらは 何もなく 今夜の大文字も無事終わっている事でしょう
仕切り直して考え続けてみます

単純に世の中が善人(Z)と悪人(A)で成り立ち 夫々を互いに意識するとします
人間はバラバラに住まいして生きるよりも 集団を作るメリットを学習している筈です
ZとAは ZとAが混在したままの共生集団に居るべきか ZとA夫々だけの集団に棲み分けすべきか
ZA共生では善悪混在のイザコザがあって問題であり 自然に棲み分け社会や世間ができてイザコザを避けようとする
多分Z集団は問題ないが AばかりのA集団では内部問題があるばかりか A集団がZ集団を襲うことまで考えられる(A山賊)
A集団が纏まるにはリーダーがZを少し取り込み虐めること(被差別・奴隷)で治まることがある
Aのなかには Z集団に紛れ込む方が住みやすいことを知る者もいる(泥棒A)
Z集団が このAを認識すれば排除したいが簡単ではない
実際にはAかZかの判定と排除の労力をリーダーが取れば Z集団の中にAを棲み分けた集団(被差別)が発生する
共生Z集団とは言え棲み分けシステム(除外者A排除捨て場)を備えていれば成り立ちやすいのです

このようにZとA集団共に 共生集団ですが 所謂マジョリティがマイノリティを必要悪として利用するシステムなのです

現実の社会や 地域(世間)には善悪という単純な人間ではなく見方(視点)と程度(深さ)で多様性(個性)を持つために 人間を棲み分けることは 判定困難で不可能なのです
世界に実際にある国家や民族・地域性などの棲み分けは 長い歴史の闘争と支配の試行錯誤の結果なのです
21世紀が民族と宗教の戦争で始まり 今起こっている経済戦争では済みそうもない全体主義と自分ファースト主義の遣りかねない危機が目前に迫っているのも 「人間の多様性とその淘汰」という「神々の悪戯」なのです

では マイノリティは 共生を理想とする共生マジョリティ集団にとって必要ないのでしょうか
マイノリティを排除すれば治まるのか?
否 共生マジョリティとて 実は 多様性の集団でしかないのですから 個性の定かでない曖昧なマイノリティの崩れた集団なのです
つまりは マイノリティとは 万人受けはしないが はっきりした個性を持っているだけで 本来なら棲み分けすれば見過ごされるほどの個性集団なのです
ところが棲み分けとは誰にでもできるものではなく 多様性に依存し合う社会がなくては生きられない生き物に進化し 共生社会に依存している同じ人間なのです
それなのに マジョリティ側はマイノリティは無用で 何も依存する必要性を全く気付かないのです
マジョリティだけで それの方が より有利に生活できると考えるからです

それならマイノリティはこの集団に依存する権利を主張する理由を見つけ 支援を受けるのが当然であって その代わりにマジョリティに少なくとも依頼や感謝を示さなければなりません

マジョリティとは言え実は多様なマイノリティの集団で相互依存なくては成り立たない集団なのです
世界が社会(国家)がそして世間(地域)が 相互依存する共生社会に向かっていることは 神々の悪戯(ゲーム)の「上がり」なのです
マイクは人間の試練が淘汰の結果を生むのだと信ずるにしても 神々を憎みたくなります
それくらい人生には天国や地獄の混在する多様な世界なのです
こんな世界に一杯の生き地獄があるのは避けられません
だからこの世にユートピアを求め民主主義を求めても 人類滅亡までにも辿り着けないのです

でもこんな多様な個性を持つ 個性を主張する人間社会を住みよくする方法はあるのです
人の幅広い個性を決める「自由」についての思いは 生まれ持ったものや育ちにあり 進化の結果であり大事にしたいものです
「平等」も 全ての人間の欲望を最大限に満たすべく絶対的に大事ですが 考え方は多様であることは避けられません
しかし 「博愛」はただ一つ 人類に共通して存在してきたからこそこれを共生の旗印にした社会だから進化してきたのです
「博愛」を人類共通のキーワードに生きる事です

それでも紆余曲折の苦難の現実があり 多様な社会にはマイノリティ排除がある過程で生まれます
その時には闘争(ライオン)の道と棲み分け(狼)の道があるのです
人間は弱い生き物と自覚して 進化したのです
そこで身につけたのが相互扶助 つまり共生なのです
それでも時には 自由三昧なライオンであった事を 忘れられず
時には負けて孤独になった狼が 平等をと雄叫びし
(負けるが勝ち)(逃争)(寝返り)(出戻り)などの生きるテクニックを使い熟し 共生社会が最も住みやすい事を人間のDNAにしているのです

その姿は世界に求めても色々ありすぎるので見えないかも知れません
しかし身の回りの地域社会(世間)の生活の中に探すならば 絶対あるし 探し知って見習わなければならないと思います

この妄想は これから社会的弱者を考えるために してみたのですが 果たして素人思考で何のためかも分からず マイクの悪戯でしか?

スローペース/こんな事でスーパーになれるか?

清水さんが「同じ水脈」と言われる意味を考えているうちに5日もゆったりした時間を過ごしてしまいました
この間 心境が少し変化しているかも知れません

その前に「同じ水脈」についてマイクも妄想してみます
この世の中が理想郷を求めているからこそ 人間の歴史には紆余曲折があったにしても進歩を歴史に見ることができます
地球の生物が 長い時間を経て進化しているのは 生物の進化系統図が証明しているのですが そのシステムが「突然変異による多様性の自然淘汰」だとするのは動物だけで このシステムだけでは絶滅の危機は避けられないのも事実です
人間には 自然淘汰に加えて 人と人の繋がりをより強くするシステムとして 王者ライオンの子育てのような「優生保護」と 孤独な狼などの「棲み分け」と 群れを作る弱い者・植物にまで見られる「共存/共生/協調」を意識する事を覚え それらの選択を時には学習して「世間」を作ってきた結果の進歩なのです

マイクはそう考えてユートピアとは何か?はあるか?を考え 優勢保護の持つ意味(絶対悪か?)を知ろうとし 多様性を棲み分けることで保つべきか? 共生に限界がありや? など 随分昔に「マイクスタンディングのHP」で 「マインドイノベーション」のテーマの一つにして考えてきた事なのです
(マイクが中々悩んだもう一つの「ユートピア」と同じようなテーマは「民主主義はあるか?」です)

「同じ水脈」とは 社会全体のこととではなく ほんの少しでも繋がりのある範囲という意味の「世間」のことだと思います

国家社会には優秀な人材を必要とし社会をリードして理想世界に導いて欲しいものです
(歴史には これを完全否定した史実が多数の国にあります)

世界には自治権を尊重した棲み分けで治まっている国も多いのです(合衆国・自治国)

しかし世間と言う眼の届く範囲では 差別は見たくないものです
世間は必ずしも公平ではありませんが 世間は平等でなければなりません
そうでなくとも自由博愛も備わって そうありたいものです
同じ水脈に生きるものは平等でなければなりません
そしてまた実際の社会の世間は多様であり また多様に構成されてあるのです
現実 あることではある仲間 あるところでは別のグループと渡り歩く変身者にもなれる
それらの世間はこのように棲み分けられることで格差を閉ざし容認することで 多様性と共存することができてい複雑な閉鎖社会でもあるのです

では世間の中にも多様性と自由を保ったっまま平等を権利として主張できるか
お互いが見える世間では 死にかけの人でも生きる権利がある事を否定しない博愛を示すのが世間での共存の条件なのです
妄想は中途半端ですが マイクに纏める力がありませんのでここまでにします

最後に 初めに言いかけた心境の変化というのは マイクの自立生活プロジェクトの思考が進展していないことです
8月末に退院を決めたので プロジェクトのタイミングにピッタリなのですがこれをチャンスとはいかないお尻の重いマイクに自分ながらがっくりしているのです
それは借家調査ぐらいは始められるにしてもこの暑さでと言い訳したくなりますが そうではなく 体の力が全身落ちてきた感じが強く それ以上に球麻痺が進行しているのに何故退院?と言う疑問も重なっているのです
でも退院後でも歩けない訳でもなくしたいこともある筈なので 決心は決まっています
しかし次のマイクの症状の予測がつかず 再入院や胃瘻の説明が全くないのです
と言うのは人工呼吸器の気管切開にしても色々のケースがあり事前に知っておかないといけない事を他の患者から知りました

でもこんな程度のことですのでご心配入りません
でも確かに言えそうなのは 始めの入院以来のハッピーラッキー続きも退院まで?