嚥下は人間の宿命と知って欲しくて

今日はマイクの最大の悩みを解決すべく 高粘度唾液を解決できるか 早速 病院の売店で求めた酢昆布「都こんぶ」と ロッテ「小梅のこだわり」(梅エキス0.3%ソフトキャンディ)を食べて試した
焦っていたので両方一緒に間を開けず食べたので 何方が効いたのか判断できませんが 耳下腺の漿液性唾液ドット出てサラサラとまではいきませんが 吐き出した唾の糸引き具合が少ないのです
今夜から就眠まで 吸引器で 何時もとの違いを確かめます
入院中のマイクは 流石の理系で ?体重や尿の頻度ばかりか毎回量まで記録したり 結構数字に拘って 楽しんでいます
実はもっと拘りたい測定もあるのですが 35万する測定器が要ります
ALSにピッタリですが 医師に言うと5万以上は予算計上が要るとかで逃げられました

実は唾の話はこれ迄にして 嚥下リハビリが始まった随分前に 呼吸と飲み込みの機構を調べた事をお話ししたいのです
四足歩行の動物が 二足歩行になった為に 嚥下の宿命を負ったと言う事を知って 偉く感動したので そのサイトの内容を大事に残していて 是非ともと紹介させて下さい

残念にも その後出典を調べても分かりません
メモに「おもしろい歯の話より」とあるだけですが この様に徹底した雑学者(多分 歯科医)に 畏敬の念やまずのマイクです
最後の方だけでも読んでいただきたく思います

咀嚼[そしゃく]された食べものをのみこむ運動を「嚥下[えんげ]」といい、食べものは喉[のど]を通って胃に送りこまれます。液体は「飲」む、固体は「呑」むという字を使うようですが、敵を呑むは呑、清濁併[せいだくあわ]せ飲むは飲と使いわけもなかなかむずかしいものです。飲至[いんし]、飲泣[いんきゅう]、飲徒[いんと]、飲涙[いんるい]、飲燕[いんえん]、呑吐[どんと]、呑声[どんせい]、呑恨[どんこん]、呑却[どんきゃく]、呑舟之魚[どんしゅうのうお]。
「咽」も「喉」も同じのど、双方とも口の奥で口偏がついています。煙でむせるのは咽頭[いんとう]なので、烟[けぶ]ると書きます。喉は口の奥でも声帯のある部分を指します。喉自慢、喉鼓[のどつづみ]、喉笛[のどぶえ]、喉輪[のどわ]、喉頸[のどくび]、喉から手が出る、喉(喉元)過ぐれば熱さ忘れる、喉元過ぐれば鯛[たい]も鰯[いわし]もおなじこと、喉のしたから耳舐[なめ]る─などなど。
食べものが口のなかにあって、咀嚼運動をしているとき、上下の歯と歯は接触していないのが普通です。ですから、食べものが歯と歯の間にあるときは、それほど強い力で噛[か]んでいないことになります。そして、食べものが呑みこめる程度にかみ砕[くだ]かれ、すり潰[つぶ]され、だ液と混ぜ合わされてはじめて、上下の歯が接触するようになります。嚥下するときには、やはり上下の歯が接触して、下のあごの骨が固定されて嚥下の準備が行われます。まれに、上下の歯が接触しなくても嚥下が行われる場合もありますが、口を開けた状態ではスムーズに嚥下できないはずです。
すべての歯がなくなって、総義歯[そうぎし]も入れていないお年寄りで、歯ぐきだけで食べている人がいます。成人の嚥下は三叉神経[さんさしんけい]の筋肉によって行われますが、歯のないお年寄りの嚥下は、顔面神経支配の筋肉によって行われます。平均的な嚥下の回数は、食事以外の座っている時では1時間20~80回、横になっている時では12~60、睡眠時ではもっとも少なくなります。食事中の平均嚥下回数は1分間9回、1日の総嚥下回数は1200~2400回と言われていて、かなり個人差があるようです。
上下の歯が接触し、下顎骨[かがくこつ]が固定されますと、食べものは舌の上に乗せられて後方へと送り込まれます。食べものが喉を通るときに、喉仏のあたりがひょこっと上方に持ちあがるのがわかりますが、これは食べものが気管に入らないように鼻咽頭[びいんとう]を閉じ、喉頭蓋[こうとうがい]という蓋[ふた]を閉めるための運動でもあるわけです。これは、人間の口においては、食べものの通る道と、呼吸のための空気の通り道とがいっしょになっているためなのです
・・・中略・・
咽頭は、鼻から入った空気が、咽頭・気管・肺へと向かう気道と、口から入った食べものが、食道から胃へと向かう食道の交差点に当たるところです。普通の哺乳類では、頭の後ろに首があり、口蓋垂[こうがいすい](のどちんこ)と喉頭の入り口の蓋(喉頭蓋)がほとんどつながっていて、気道と食道が立体交差になっています。ところが、人間では直立の姿勢にともなって、口蓋垂と喉頭蓋が離れてしまい、気道と食道が平面交叉をしていて、食べものを呑み込むときは喉頭を引き上げて気道をふさぎ、一時的に呼吸を停止させなければならなくなったのです。これに失敗しますと、気道に食べものが入り込み、激しくせきこむことになるのです。咽頭における気道と食道の交差点は「魔の十字路」と呼ばれていて、人間が進化したことによって得たところの急所となっているのです。

医療も悩みも高度に/ALSは?

神様にもなったような豪放磊落の風貌でも 人は時には運命に任せようにも任せられない残心に戸惑うものです
それにしても悩む時間が他力に依存するばかりで何ともしょうがない辛さは マイクも味わうしかなかったのです

8/8に 前立腺癌の生存率のことを参考に書きました
https://hikurashi.com/archives/910
国立がん研究センターニュースでは 癌5年生存率の平均は67.9%で トップは98.6%の前立腺癌でした
ステージIの5年生存率では100%(ステージII・IIIでも100% ⅳは62.2%)

100%と知ると思い出します
高齢友人から聞く話では 白内障・前立腺は病気でないとか言いますが しかしパーキンソンまでもそう言われると 毎日苦労している患者を見ていると そんな他人事で済ますのは それこそ昨日書き込んだように無視隠蔽することこそ罪なのだと言ったのを思い返しました

また清水さんの癌を眺めて 闘病という言葉の意味をいつも感じさせられましたが 今回はもう一つ 高度化した医療が 病気そのものよりも 不安をも助長してしまっているのではとも感じてしまいました

それに比べALSは何にも進歩のない 選択肢も少ない 今や古典的程度の治療ですから マイクがそうであった様に 病気そのもので闘病の覚悟も 悩みも少ないのです
でも医療制度の矛盾では 国際的遅れや無駄がある様に思います
マイクの住まいの貧困以外は 制度で改善されるべきではないでしょうか
日本の財政不足の問題と関係ない様に思います

こんな能天気なALS患者の悩みは 医療制度に考えるところはありますが 確実に衰えを感じても 余りストレスにならず 精々 唾のネバネバが堪らなく辛い程度です
マイクは癌に耐えられなくとも ALSには耐えられそうです

マイクの様子を
唾で滅入ってますとの書き込みが最近多い様に マイクの最大のストレスです
粘度の高い唾液は舌下のネバネバ唾液腺がストレスで活発になるからだと言うのですが ネバネバが更にネバネバをと落ち込むのです
ALSとは関係なく 医師と薬剤師に聞いても唾の量を減らす薬があるがネバネバはと言う
ストレスを減らすしかないが そのストレスがALSそのものか 肉体的や精神的なものかは分からない
兎に角交感神経を宥めよと言うしかないと

今の清水さんのことを考えると ALSほどシンプルな病で悩む事はこれ位かと思ってしまいます
それに比べ清水さんの唾はもっとネバネバしてる筈ですが?

昨日の書き込みの最後に 薬がなくとも嗜好品とかで如何なるか調べればと気がついたのです
医師はアイスクリームでサッパリすると言われたのですが 自分で酢昆布とか確かめるのも 入院の楽しみかも

そう思いながら 今朝からネットで「唾液の粘度を下げたい」と訊ねると いっぱい出てきて呆気にとられましたが 酸っぱい物と昆布を食べるとサラサラになるとあるだけで 口臭とドライマウス対策ばかりでした

それより何より緊張しているときは固い粘りのある唾液が出て これが固唾(かたず)を飲むという言葉とか
粘液性唾液にはニオイの元を分泌する嫌気性菌をおさえる自浄作用が利きにくいので口臭になりやすいとも

それよりもサラサラしたきれいな漿液性唾液を増やすことも考えると 姿勢 鼻呼吸 耳下腺マッサージ そして副交感神経がカギとか
今日から唾液増加トレーニングを始めましょうとあります
では 売店で酢昆布をすぐ買いに参ります!
(忘れていました!マイクにはしゃぶるしか出来ないのです)

マイノリティが堂々と共生社会の理念を築く

やっぱり言い尽くしていないので 昨日はマイクが我慢して辞めましたが 今日は清水さんがもう少しばかりお身体に触らない程度に我慢してお聞きください

昨日言いました 利己的閉鎖的社会とは 敗戦で知った自由を 無責任と混同し 利己主義だけで生きられることを学習してしまった日本のことです
成長経済社会では利己主義がズル賢いと分かっていても 意地ましくもやって行けたのです
日本人は元より 忖度と税金や利権にすがる他力文化に馴染んでおり これを維持するために 隠蔽主義閉鎖性を好むのです

一昨日 「中国人と日本人は 70%利己的で 官僚依存強い文化で アメリカ人は90%利他的(ある遺産調査から参考)で 個人主義の文化に関係すると思います」と言いました
アメリカ人は自由を求め 開拓で築いた宗教と相互共存の社会で 自己責任がベースにあり お互いに助け合う90%利他的社会なのです
しかも多民族多様な個人を開示する事なくては互助も利他も叶わないので オープンが共生社会の前提にあるのです

安定した社会の為には 利己的な無責任は無用で しかも自由気儘なクローズでは 共存できない社会なのです

昨日はWHOが自死を個人の問題ではなく社会の問題だと宣言していることを知りました
また欧州連合の理念も自由で多様な共生社会を可能にするのは 隠蔽のない透明性にあるとしています
その様な認識が日本に育つことなしで 自死の少ない またマイノリティの平等を守れる共生共存社会を期待できるでしょうか

拡大自殺が賑わった6/3に このブログで「死ぬなら1人で死ね」という言葉の社会性の無さを少し考えました
https://hikurashi.com/archives/584

また日本の自殺防止施作の社会性を調べるため 自殺防止指針として の下記2つに目を通しましたが 自死を個人の責任問題とする理念しかないようです

自殺未遂者と自殺念慮をもつ者への危機介入
http://www.pref.nara.jp/secure/135583/siryou1.pdf
奈良県精神保健福祉センター

自殺に傾いた人を支えるためにー相談担当者のための指針
http://www.zmhwc.jp/pdf/campaign/support01.ppt
平成20年度厚生労働科学研究(こころの健康科学研究事業)編

マイクは死を個人から解放し 隠蔽すべきではない社会の問題だと認識したいのです
昨日はまた こうも多い日本人の自死の半分は社会的な殺人だとまで言い切りました
「死にたい死にたい」とマイクはオープンし過ぎたからこそ 救いの神様仏様が現れたのです
「死ぬなら一人で死ね」と拡大自殺者に言うだけでしかない様な社会には 共生社会は無理なのです
隠蔽や無視は罪なのです
共生社会の理念を理解する前に利己主義は罪なことを知るべし知らすべし
色々のマイノリティが 率先してカミングアウトすることの意義を もっと著名人が意識してやって欲しい
その様な社会の遅れを明確にし また認識すべきなのです

結局言い残したというよりも 何時もの様に 同じことを繰り返しているだけだったかも知れません

それより今日も薬剤師の回診があったので 医師が勧めた唾液を少なくする薬でなく ネバネバだけを抑える薬がないかを 待ちに待って聞いてみました
医師が知らなくても薬剤師なら知っている可能性があると信じたからですが 見事外れてガッカリでした
帰ってから気づいたのは 薬ではなくとも食べ物嗜好品で解決出来そうではと思いつきました
食通の誰かに期待したいものです

利己的閉鎖的な社会は共生社会に向かえるか

昨日の続きに 自死をサイトで調べると いきなりこんな日本が見えました

自殺未遂50万人の衝撃…私たちの「一言」の功罪(日経ビジネス)
https://business.nikkei.com/atcl/opinion/15/200475/092300070/
河合 薫 健康社会学者(Ph.D.)
(もう一つ下記転記した財団のサイトに就ての 河田の解説)

53万5千人 これは過去1年以内に自殺未遂を経験した人の数である(推計)。
「自殺未遂者は、自殺者数の10倍程度」というのが、これまでの定説だった。ところが日本財団が行った調査で、20倍近くもいることが明らかになったのである。
・・・・・
「自殺(自死)は『追い詰められた末の死』であり、『避けることの出来る死(avoidable death)』。つまり、個人の問題ではなく、社会的な問題である」
これは世界保健機関(WHO)が、2003年に国際自殺予防学会(IASP)と共同で開催した世界自殺防止会議において出した、メッセージである。
と・・・・・
人間は、たった一言で「自分の存在価値」を見出せる
「有意味感(sense of meaningfulness)」――。これは人間の生きる力である、Sense of Coherence(=SOC)のエンジンになる感覚で、半歩でも一歩でも前に進もうという、モチベーション要因となる感覚を示した概念である。
と・・・・・
私たちは価値あるメッセージの送り手になれているか?
1986年から国家レベルで自殺対策に取り組んだフィンランドでは、自殺に至った要因の徹底的な分析と、数年にも渡る遺族の聞き取り調査を行い、自殺予防の全国的な戦略を立てた。自らも自死遺族であった社会保健省の大臣の強力なリーダーシップのもと、「必要な人」に届く政策が進められ、20年間で自殺死亡率を30%減少させることに成功している。
自殺への偏見、自殺未遂者への適切なケア、うつ病に関する知識などの正しい普及、著名人によるうつ病の公表など、国家プロジェクトとして取り組んだことで、国民の意識も高まった。
と・・・・・(以上から河田の言う WHOの理念を汲み取ってください)

(以下は 上記が参照した詳細な財団サイトです)
日本財団自殺意識調査2016 (結果概要)
https://www.nippon-foundation.or.jp/media/archives/2018/news/pr/2016/img/102/2.pdf
4人に1人が「本気で自殺したいと考えたことがある」
「5人に1人が身近な人を自殺で亡くしている」
半数以上が自殺念慮や自殺未遂を 経験しても相談しない

(日本財団の調査の現実と河合薫の解説からマイクが見る日本とは)
自殺率が先進7カ国で最も高く「自殺大国」とも称される日本です
自死はどこの国より身近なのです
5/9に 身障者や難病者が国民の1割にもなるほど 誰にでも身近であることを告げた
https://hikurashi.com/archives/388
自死者はその倍も近しいのです

なのに元気な個人は死を無視し 弱者に拘らなくとも利己的生活に支障がないと考える世間が普通になってしまっている日本なのです
この儘では 利他社会であった筈の日本なのに 「情けない」ばかりの劣等国から脱しきれません
もう一つ世間の問題は 死も弱者も隠してしまう「みっともない」閉鎖性です

戦争で疲弊した欧州は戦争を避けるためには 多様な共生社会を理想とし 「欧州連合は人間の尊厳に対する敬意・自由・民主主義・平等・法の支配・マイノリティに属する権利を含む人権の尊重という価値観に基づいて設置されている
これらの価値観は多元的共存・無差別・寛容・正義・結束・女性と男性との間での平等が普及する社会において 加盟国に共通するものである」

この連合理念をこれ以上語ることは要らない
共生社会を必要としないのなら

昨日は
「自殺死亡率の国際比較(上位50カ国)」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/hoken-sidou/dl/h22_shiryou_05_08.pdf
より知った
日本 23.7人/10万人 は 利己的 閉鎖的社会性なのです
米国 11.0 で オランダ 9.3 なのです
この差 14.4が 共生社会を意識すらしていない日本社会による殺人だとマイクは妄想するどころか 断言までしました
WHOが 自死は個人の問題ではなく 社会の問題だと言った事に通じます
欧州連合の理念とも重なります

何時もの様なクドクドになりそうなので ここらで我慢もします
しかし 何のストレスか分からないのも原因となっているのか ストレス性のネバネバ唾液には参っていて 我慢ができません