医療も悩みも高度に/ALSは?

神様にもなったような豪放磊落の風貌でも 人は時には運命に任せようにも任せられない残心に戸惑うものです
それにしても悩む時間が他力に依存するばかりで何ともしょうがない辛さは マイクも味わうしかなかったのです

8/8に 前立腺癌の生存率のことを参考に書きました
https://hikurashi.com/archives/910
国立がん研究センターニュースでは 癌5年生存率の平均は67.9%で トップは98.6%の前立腺癌でした
ステージIの5年生存率では100%(ステージII・IIIでも100% ⅳは62.2%)

100%と知ると思い出します
高齢友人から聞く話では 白内障・前立腺は病気でないとか言いますが しかしパーキンソンまでもそう言われると 毎日苦労している患者を見ていると そんな他人事で済ますのは それこそ昨日書き込んだように無視隠蔽することこそ罪なのだと言ったのを思い返しました

また清水さんの癌を眺めて 闘病という言葉の意味をいつも感じさせられましたが 今回はもう一つ 高度化した医療が 病気そのものよりも 不安をも助長してしまっているのではとも感じてしまいました

それに比べALSは何にも進歩のない 選択肢も少ない 今や古典的程度の治療ですから マイクがそうであった様に 病気そのもので闘病の覚悟も 悩みも少ないのです
でも医療制度の矛盾では 国際的遅れや無駄がある様に思います
マイクの住まいの貧困以外は 制度で改善されるべきではないでしょうか
日本の財政不足の問題と関係ない様に思います

こんな能天気なALS患者の悩みは 医療制度に考えるところはありますが 確実に衰えを感じても 余りストレスにならず 精々 唾のネバネバが堪らなく辛い程度です
マイクは癌に耐えられなくとも ALSには耐えられそうです

マイクの様子を
唾で滅入ってますとの書き込みが最近多い様に マイクの最大のストレスです
粘度の高い唾液は舌下のネバネバ唾液腺がストレスで活発になるからだと言うのですが ネバネバが更にネバネバをと落ち込むのです
ALSとは関係なく 医師と薬剤師に聞いても唾の量を減らす薬があるがネバネバはと言う
ストレスを減らすしかないが そのストレスがALSそのものか 肉体的や精神的なものかは分からない
兎に角交感神経を宥めよと言うしかないと

今の清水さんのことを考えると ALSほどシンプルな病で悩む事はこれ位かと思ってしまいます
それに比べ清水さんの唾はもっとネバネバしてる筈ですが?

昨日の書き込みの最後に 薬がなくとも嗜好品とかで如何なるか調べればと気がついたのです
医師はアイスクリームでサッパリすると言われたのですが 自分で酢昆布とか確かめるのも 入院の楽しみかも

そう思いながら 今朝からネットで「唾液の粘度を下げたい」と訊ねると いっぱい出てきて呆気にとられましたが 酸っぱい物と昆布を食べるとサラサラになるとあるだけで 口臭とドライマウス対策ばかりでした

それより何より緊張しているときは固い粘りのある唾液が出て これが固唾(かたず)を飲むという言葉とか
粘液性唾液にはニオイの元を分泌する嫌気性菌をおさえる自浄作用が利きにくいので口臭になりやすいとも

それよりもサラサラしたきれいな漿液性唾液を増やすことも考えると 姿勢 鼻呼吸 耳下腺マッサージ そして副交感神経がカギとか
今日から唾液増加トレーニングを始めましょうとあります
では 売店で酢昆布をすぐ買いに参ります!
(忘れていました!マイクにはしゃぶるしか出来ないのです)

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です