今の今だけをと 結構先を忘れていられる?

今日 病院からの外出で 家のデスクトップのメールを開くと 石田梅岩顕彰会・心学修正舎の後藤さんから 清水さんの4/27の「徒然草」に絡んでお言葉があったので転記します
マイクのブログ
https://sky.ap.teacup.com/applet/jishi/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8C%E3%93%A1%82%B3%82%F1&x=66&y=15&inside=1
にも告知のあった頃の沈んだマイクへの励ましの言葉があります

藤井さん(4/30)
お元気でなによりです。鹿児島の方との往復書簡も拝読。
紹介されていた「徒然草」93段を紐どいたら昔、読んで赤線を
沢山引っ張って、メモを書きなぐっていました。
以前、梅岩の「先も立ち、我も立つことを思うなり」の微妙な
先後、又は同時かを、また人間は皆 「自利」・自分が生きること
を優先する「本能」であるのに 釈尊は 「慈悲・利他」を、孔子は
「仁・思いやる心」、その強い本能「生きる」を断ち切れとはどう
言う意図か、を考えていた時だったと思います。
「徒然草」には其の外にも人間が相対の念に迷妄することに対す
る、奥深い洞察が沢山ありました。「死を忌嫌うなら 真の生を楽
しむことを愛すべし」と云う意味はー忌嫌うは死を恐れ、死に捉わ
れていることである、生を楽しむことを考えよ、の意であり、是
をビジネスに置き換えるとー注文が逃げることを考えるより、お
客様の懐に飛び込むことを考えよ、と言う意味に理解し納得した
ことを思い出しました。
人間には 過去も未来も「実」のないもので 「今」にしか「存在」は
ないと言えるかもしれません。今、生を楽しむ所に鳥獣と異なる
「万物の霊長」である人間としての「宿命・地位」があるのかもしれ
ません。無責任ですいません。
後藤一成

生を楽しめと言うのは安楽死しか考えてこなかったマイクでも納得ですが 今に生きて存在する今を楽しむべしとは理解はできても 確実に生きて楽しめなくなるとしか思えなくなる のです
先を忘れて 今の今だけを
先を忘れてが出来なくても 今の今だけを
そうありたいマイクです

最後にある 「社会の横の連携を大切に、今を楽しむ「智慧」を見出されることを願っております。」とは このブログで何度も何度も清水さんから言われても 自信がなかった言葉です

いかし今日は下御霊神社の神幸祭で神輿を御所に祀る式典を見てきて そこに袴姿の府議が参列されていたので 先に予定するイベントに来ていただきたい旨を話しました
序でに 京都市長にもALSになったこととイベント参加をお願いしました
参加はわかりませんが 一病息災だから頑張れと言っていただきました
今の症状だったらできる筈でも 落ち込んでいた頃のマイクは気力を失って頑張ることを忘れてしまったのです
横の繋がりから そのことを気付かせていただいて今があるのです
感謝感謝の余裕なのです
しかも今は結構先を忘れていられるのです

Share this...

One Reply to “今の今だけをと 結構先を忘れていられる?”

  1. 本文で 心学修正舎の後藤さんからのマイクへの励ましのメール(4/30)を紹介しましたが 石田梅岩顕彰(大阪)明誠舎の清水正博さんからのメール(5/1)を今日(5/4)見ましたので コメント欄に転記させて頂きます

    清水さんから(5/1)
    藤井様
    ご無沙汰しております。
    晴れやかなお気持ちとのこと、何よりです。
    今日から令和元年ということで、当方も気分一新です。
    6月29日のイベント、素晴らしいですね。予定しておきます。
    当方、連休中は家内・息子・孫と田舎へ帰省しています。墓掃除、墓参り、留守宅の掃除です。後世を託する、息子・孫に伝えておきたいと、親戚も巡りました。徐々に譲る準備です。
    一方で、心学舎巡りも欠かせません。先日来、奈良県、長野県の心学舎子孫・郷土史家を訪ねました。明日もまた2箇所で子孫に会います。
    今年11月、修正舎・明誠舎などが開催する梅岩先生開講290年で、後援してくれる舎候補に依頼状を出しています。目標は20舎ですが現在8舎から受諾頂いております。
    知り得た情報はできるだけ早く詳しく公開して、心学の賛同者・共有者を増やしたいと努めています。
    このように最近の行動・心境を述べているのも、藤井さんの闘病生活と関係が無しとは言えません。一日も早く、我が人生のかなり部分を占めている心学弘布について、次世代に伝えていく必要性を感じています。
    伝道の最も大事な点は梅岩先生の至った境地についてです。それはかなり、白隠の心境に近似しています。「坐禅和讃」を読むとその共通点が感じ取れます。20代中頃で神経症となった点も共通です。その克服方法は両者異なっています、梅岩は『都鄙問答』に、白隠は『坐禅和讃』に至り、現代人に悟りへの道を示唆している聖人です。
    改めて、京都の居酒屋で語り合ったときの続きを行いたいですね。
    またお会いできるときを楽しみにしています。
    清水正博

    マイクはこの体になってすぐ退会しましたが 梅岩の顕彰の気持ちをお二人のご指導で育んでこれたのです
    開講290年記念行事の盛会を祈ってやみません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です