自分の問題として

マイクさん

京都で衝撃的な事件が起きましたね。去年の11月、女性ALS患者の依頼を受けて2人の医師が彼女を殺害したとして逮捕された嘱託殺人事件です。
様々な意見が飛び交いました。

「彼らは尊厳死を助けたのだ」「女性は苦痛から解放された」「こうすることが本人にとっては最善の道だった」「悲しいけれど、本人にとっては究極の選択だ」
ALSのような難病患者は、治療することもできず死を待つのみだとする人たちからは、肯定的な言葉が相次ぎました。中には「切腹の苦痛を取り払う介錯のようなもので、武士の情けだ」という元政治家の声もありました。逆に、
「死にたいは生きたいの裏返し。生きたくても生きられない社会状況が問題だ」「どんな姿になっても生きて欲しかったし、そのためのサポート体制を整えなければならない」「どんなに思い障害があっても、難病にかかっていても、地域で生きていく環境を整えるべきだ」という否定的な声もありました。
しかし、日本の状況は法的には尊厳死は認められないということです。ですから、2人の医師の行動を心情的に肯定しても、これはれっきとした殺人事件なのです。その後、金銭の授受があったという報道があり、僕は紛れもない殺人事件だと思っています。
僕はといえば、個々の生きたいという思いが容易に押しつぶされるこの社会の歪みもですが、ALSという病気の恐ろしさを改めて思い知らされました。

そしてこの容疑者逮捕の報道は、マイクさんが人工呼吸器の装着を〈拒否〉するという最後の意思表示と重なりました。
マイクさんは去年の4月、入院する直前に1枚の色紙を書きましたね。

〈尊厳自死をお許しください 藤井幹明
 ALS患者の唯一の選択です〉

僕は疑問をぶつけました。ALS患者の誰もがそう思っているわけではないでしょ、と。するとマイクさんは言葉を付け加えました。

〈尊厳自死をお許しください 藤井幹明
 在宅療養を望まぬALS患者の
 病院での尊厳死を望めぬマイクの
 残された唯一の選択です〉

と。加筆された文章にもツッコミどころは満載でした。まず〈在宅療養を望まぬ〉というところ。なぜ望まないのか?
マイクさんは言いました。
「家族を介護地獄に巻き込む。迷惑や負担はかけられない」と。
「じゃあ〈望めぬ〉だ」
マイクさんは力なく笑うのみでしたね。
「お許しくださいって、誰に許しを乞うているのですか?」
「警察沙汰になって残された家族に迷惑をかけるんじゃないかと……」
その時にこの色紙は、マイクさんが警察に自分の自死を明らかに自死として扱い、事件にしないことを願い出るためのものだと知りました。
生きるにしても、死ぬにしても家族に迷惑、負担をかける。マイクさんはそう思っていたのですね。
ALS患者の7割は呼吸器を着けないと言われています。そのほとんどの人が家族に迷惑をかけたくない。負担になりたくない。介護地獄に巻き込みたくないということを理由にあげるそうです。家族がそう思っていなくても、患者本人はそう思うのだそうです。

そこまでして死にたいと思わせるんだ、このALSという病気は……。そう思ったことをはっきりと覚えています。

昨日、この色紙を回診に来た主治医に見せました。主治医は呼吸器を着けないという意思を再度確認した上で言いました。
「この国では尊厳自死などということはあり得ません。あるのは自然死だけです。でも、苦痛がないように万全を期します。そういう意味で尊厳を守ります。尊厳ある死ですね」
それに対してマイクさんは〈イエス〉を意味する、強い瞬きを返しました。
ご家族の名誉のために申し添えます。当然のことながら、ご家族はマイクさんの介護を迷惑だとも負担だとも思っていません。それでもマイクさんの決断・決心は動かなかったのです。

僕は今後悔しています。
マイクさんが元気なうちに、身体も十分動くうちに、24時間のケアハウス〈マイクの家〉を実現できていたらと。そこでもっと社会と関わるようなことができていたら、そこで制度を使いこなし、ボランティアの助けを借り家族には迷惑・負担をかけずに自立した生活が実現できていたら……。人工呼吸器装着可否の決断も違ったものになっていたかもしれないな。もっと選択の幅もひろがっていたかもしれないなと。

何が最善なのか、何が正しいのか、僕には全くわかりません。
結論などでないのかもしれません。それでも僕はマイクさんの傍で、あなたの顔を見つめながらいろんなことを自分の頭で考えたいと思っています。
自分の問題として。

Share this...

“自分の問題として” への1件の返信

  1. いつも読ませていただいています。清水さんのお気持ちもわかるつもりでいますし、マイクさんのお考えも理解しているつもりです。もしかすると少しポイントを外しているところもあるかもしれませんが。
    私の友人はALSで亡くなりました。もう25年になります。腸が動かないので、ベッドにのぼり、天井の桟を掴んで、体重を適当にかけながら彼の腹部を足でマッサージしたり、夫婦で話しが縺れた時(小さいお子さんが二人いたこともあり、二人で確認しておきたかったことはあふれていたと思います)、電話が有れば深夜でも飛んで行っていました。最初出会った時は、ALSと診断されたばかりで、眠れずテレビのアメリカ軍のミサイルがイラクへ緑色の光を残して飛んでいくのを何時間も見ていました。心はテレビを見ておらず、真っ暗な世界を見ていたと思います。
    彼は、人工呼吸器での延命措置を拒否しました。奥さんも私を含む友人達も同意しました。
    マイクさんのお考えを分かるわけではありませんが、私の友人は、「生まれた身体と精神の自由を保てない時は、それは死だから」と言っていました。
    マイクさんの内面も、私の友人の内側で荒れ狂っていたものも、私には感じることも想像することもできないと思います。
    その上で、考えるすべては無意味だというところに立つと、マイクさんと私の友人の選択の意味が少し理解できるように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です