5/17 オリンピックよりコロナ禍を見届けたい

いよいよ明日の気管切開で ここ2〜3ヶ月の肺炎防止のため胃瘻から以外 唾も飲み込めない口腔の鬱陶しさから 多分少しは解放されるでしょう
そう願って闘病らしきことを覚悟しました
相当覚悟のいる手術なのか 昨日今日と看護師さん何人からも 心配ありませんかと慰められました
信頼してお任せするしありませんし 実はやってみないと分からないのです
祈るだけでは心もとないし 覚悟できていますよと笑って見せるくらいのことをやって 初のICU体験を楽しみに待ちます

日本のコロナ自粛はやっと 命と経済のバランスを天秤で計る段階にきた
世界のコロナ規制の素早い解除の難しさを見ていると 世界の多様な人間の生き方をコロナに試されているのが見えます
コロナ禍の収まりまで マイクが果たしてそれを見届けられるか
マイクの天命としての安楽自死も見届けたいのですが これ以上に難しそうです
安楽自死は 既にマイクのものに違いない使命ですが コロナ禍にはもっと死生観を越えた 経済(経世済民)あっての現実的新しい世界観を期待したいものです

何事も自分ファーストに向かう世界観
格差差別マイノリティなど 他人事で済ましてきたことの天罰ではないか
でもやっぱり収まったら・・・
ユートピアは・・・・

明日の手術の後 一晩ICUで過ごすらしいので 明々後日元気でしたら書き込みします
では・・・・・

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です