人は誰も、ぶれて歩く、揺れて歩く

マイクさん

こんばんは。緊迫してきた状況が伝わってきます。僕の中でさえ不安がひろがります。マイクさんの不安はどれほど大きいだろうと思うと、とても苦しくなります。

〈口の中の鬱陶しさと、窒息しそうになる危険
今後の治療でも解決するようには思えません〉

僕は、誤えん・誤えん性肺炎を防ぐための気管切開だと聞かされていたので、この件に引っかかりました。気管切開をして気管カニューレを挿入しておけば、痰はとれやすくなるし、呼吸もしやすくなり、完全にではないけれども誤嚥もほとんど防げると聞いています。もっと言うと、その後の人工呼吸器の装着がとても簡単になると。

〈マイクの要望は、早く、薬を使ってでも苦しまなく、です〉

誤えん自体がすごく苦しいし、窒息の危険もありますものね。これは回避しないと。そのための気管切開ですね。それで楽に、しかも安全になるんじゃないでしょうか。で、自発呼吸はまだまだできるわけですから、できなくなりそうだという時に至って、呼吸器を着けるか否かを決めたらいいんじゃないでしょうか。そのための判断材料をしっかり収集しておくということですね。

〈苦しむ時間を少なく、家族の介護を少なく、経済負担も。尊厳死の前に、家に戻り、或いは家で死ぬ方法はないか〉

前段はその通りだと思います。でもこれが〈尊厳死=緩やかな自死〉で実現されるとしたら、後段はありえないんじゃないかなと思います。だって、これは1年以上前に随分話したことですけど、呼吸器を着けないマイクさんを、自宅で見守るというのはとても難しいんじゃないかと思います。公的な介護、訪問看護、ボランティア、家族による24時間の見守りが、きっと欠かせなくなるでしょう。しかもマイクさんは、1日も早く死にたいと言う。家族の献身はなんのためか……、と僕は思ってしまいます。後段が実現されると、前段が成り立たない。

マイクさん

僕は思います。気管切開をすると決めた。今はそこまででいいんじゃないかと。呼吸器を着ける着けないは、ギリギリまで考えたらいいんじゃないでしょうか。きちんと決めた道を進むというのは大切なことだと思います。でも時には既定の道を踏み外してもいいんじゃないかとも。

僕はね、先を見通すのがとても苦手な人間なんです。人からはよく「見通しが甘い」って言われます。でも見通しってなんでしょう。僕はそっちの方がいい加減だと思っています。あらかじめ決めていたことがあっても、もっといい選択肢があれば躊躇なく既定方針を変える。それでいいと思っています。その新しい決断が前へ進む力を大きく強くするのだと。

ただし大切なことがあります。それはふり返った時に自分の足跡がちゃんと見えるということです。真っ直ぐでなくてもいい。右往左往あっちにふらふら、こっちにふらふら、時にはぐるぐる回ったり、大きくぶれたり、揺れたり……。それでもちゃんと足跡が見えて、その揺れがなんのためだったか、なぜ既定の道を変えたのか、ちゃんと説明がつくことが大切だと思っているのです。

しかもそれは誰か他の人に説明するのではなく、自分自身が納得して前へ進むために。
ぶれたり揺れたりすることはダメでもなんでもない。ぶれたり揺れたりを否定することの方が、僕はダメだと思います。

Share this...

“人は誰も、ぶれて歩く、揺れて歩く” への2件の返信

  1. 曽良野さん、メッセージをお送りするのは二度目ですが、たいしたことを書いてなかったと思います。

    私のこともきちんと自己紹介すべきだと思いますので、簡単にかくと下のようになります。

    出身地:奄美大島名瀬市
    年月日:1594/02/25

    大学卒業までマルクス一辺倒だった私は、卒業後5年、東南アジアで半年、イギリスで4年過ごしました。観光よりも、私には、人間はこんなに簡単に殺してしまうんだ、と感じる時でした。ベトナムからのボートピープルで、大変な時です。私自身、中国人共産ゲリラと間違えられ、背中に自動小銃を幾つかあてられ、上半身裸にされ海岸の岩の前で、危うくという時がありました。遠くにいた小隊長が私の英語を理解してくれ、飛んできて助かりました。取り上げられていたカメラは戻りましたが、ベトナムからの難民がマレーシアから国連の難民事務所へ移るための方法、私が撮った難民と軍のフイルムは没収されました

    マイクさんの気持ちも清水さんの思いも、どちらも納得できてしまい、困ってしまいます。

    今年(2021/2と2021/3)、二度腸の手術を受けました。お医者さんは、私の癌には特徴があるとのことで、許可してほしいとのことでしたから、遺伝子研究所で検査してもらっています。5月末には結果が出るはずです。

    しかし、その前に、一日10回の全く我慢できない排便ーーーーそのために、自宅でも間に合わず、下着やズボンを汚します。いろいろと医学論文や病院からの患者への注意パンフレットを読んでも、そこには、実生活での大変さは書かれていません。
    以前、仕事上の人間関係のトラウマで苦しんだ時も、ほとんどの医学者の本には、どうしても通じないところがありました。ある日、これまでの治療方法は間違えていた書いたお医者さんがいました。家族内の性暴力でのトラウマに陥った家族のことを書いていました。多分、泣きながら書いただろうと思いながら読みました。

    今回、私は直腸癌で削除手術を受けました。

    まだ毎日の排便処理は大変ですが、今月末に分かる結果ーーーー特別遺伝性なら、大腸を取り人工肛門にし、その後も、抗癌剤をうちながら、検査に表れた部位を外科手術で削除するーーーーによっては、それ以上のことを悩む必要があります。
    しかし、今の私は、抗癌剤も追加の手術も避けたいと思っています。

    正確には分かりませんが、医学でQOL(生きる内容)と言いますが、今の私には、今後幾度か手術をうけ、抗癌剤をのむというのは、なかなかできないと思います。父母の苦しみを見た私は、この一年、抗癌剤で苦しまないで過ごすことはできなかったろうか?
    悩みました。

    私の友人は、人工呼吸器を拒否し、病院で亡くなりました。眼は笑ってみせてくれましたが、多分、苦しかったと思います。

    私は、追加の癌摘出手術はしないつもりです。また、抗癌剤は使用しないつもりです。弱い人間ですから、今後どう思いが変わるか分かりませんが、今はそのつもりです。

    ぶれてぶれて、どうしようもないほど、ぶれて、今そう考えています。もし、また考えが変わりましたら連絡いたします。よろしくお願い申し上げます。

  2. こういう人の心と心、苦しみと苦しみを繋ぐという仕事はたいへんだと思います。清水さんのまわりのご一緒になさってくださる方々がいらっしゃることで可能だと思います。病を抱え、一日十回程突然トイレに走り、それでも間に合わない時がありーーーーという人間ですが、もし何かお手伝いできることがありましたら、ご指示くだされば、なんとかできることはしたいと思います。
    よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です