4/7 1600カロリーでは妄想の気力もなく

最近 清水さんに同じことを繰り返し返信しているようですが それだけADLに余裕がなくなり 妄想するようなテーマを見つけられていないのだと思います
ベッドに横たわる時間が多くなりました
経口は水分も絶食で 胃瘻の1600カロリーでは気力もダウンです

意思疎通の困難と嚥下がままならず 加えて身体の不自由がセットで進んでいます
このままこの症状を延長したところを想像すれば 即ちそれが生き地獄ではないか
そんなステージの入り口を想像できるまでに近づいて来ていることを感じるようになりました
次第にADLが低下するのを実感するようになったからでしょう

でも余りハッキリと生き地獄をイメージできるほど分かっているとは言えません
手術そのものもハッキリ言ってどんな内容か分かっていません
気管切開は痰唾を吸引し易くなり 誤嚥の危険も少なくなる?何故そんなことになるのだろう?
2/25の胃液逆流が誤嚥性肺炎になってから また3/19の失敗の後 主治医も療養士も 嚥下の危険度のために 食事の内容や姿勢を変えたり 絶食にしたり 行き過ぎではないかと思うのです
それなら気切で良くなるのなら 早くやってしまいたいと思って口にしたら 何故か分からぬうちに 連休前にやることのなりました
人工呼吸器とセットでするものと以前は思っていたのですが 呼吸のパワーが足りなくなったら 或いは半年後?にでもそうなって 呼吸が苦しくなってからするもののようです

気切をしても呼吸器付ける近くまでの期間は 土日外泊を続けられるらしい
多分 気切拒否での尊厳死をしたくても ただ誤嚥窒息を待つことになって それも窒息の苦しみはきついので お勧めできません

人工呼吸器は呼吸が苦しくなってから 延命するか訊かれるのです
延命拒否を宣言していた人も 苦しくなってから気切を受け入れる人が多いのです
これでは尊厳死にならない
どうもこんなことのようでしかないのではないか
マイクは一年前には 安楽自死ができないなら 尊厳死を選ぶことにしていたのですが 現実を知ることで思いが変わりました

で 最近は折角のALSの技術を体験して見たいからになりました
しかし スーパーになると24時間監視下にあって滅多に死ねないらしい
尊厳死や安楽自死どころではないようですが 一年ほど先の話ななる?ので考えないようにします
それ迄に QOLの高いスーパーな方にお会いできたら考えます
マイクはスーパーなってまで長生きしたくない苛(いらち)なのです

ここまで昨日書き上げ 続きに書きたい事もありましたが疲れて一日中横になっていたので またにします

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です