ALSにも闘病が迫りくる覚悟ありや

清水さんの治療の様子を想像してみますが経験のないマイクはイメージすらできません
癌の友人は多い筈なのに治療の詳細を面会とかでも話題にしたことはなかったと思います
国民の半分が癌を経験するほどポピュラーで お互い理解し合えるからでしょうか しかも一般の手術ならば 切除する位で特別な施術とも思わないからでしょうか?
それより抗癌剤の副作用での苦しみとそれとの戦いが話題として多い様に思います
ホルモン注射や放射線は手術より闘病を実感しにくそうですが?
(大腸癌手術の時と比べ)
実際は 転移やもっと複雑な戦いに悩まれるのです

堀ちえみの舌癌は 舌半分切り取って腿の肉を移植で喋られるまでに
(妹の旦那も30年前に同じだったのです 回復も)
マイクの球麻痺は舌をかなりに萎縮させているのですが 移植は?

小心のマイクが闘病が似合わないことを何度もここで話題にしました
然しどうした事か今日はチラッとALSのマイクが闘病もやってみなければ!とチラッと思いました
と言うのは最近の喋りの劣化の速さに生き地獄の入り口が見えて来たなどと書き込んでしまいました
これは正直な話ですがこのままだと皆さんに心配かけるだけで許されません
闘病でなく逃病がALSに相応しいなどと粋がっているのは見っともない
そうチラッと思いました
チラッとだけですが 今夜はこれを生かして何が出来るか あるかは自信がないのですが ここにオープンする事で少しばかり逃げずに闘える何かを探してみることに!

追記;少し考えただけで少し分かりました
放って置いても生き地獄の前のこれからは色々と辛い状態になり これこそ闘病が迫りくるのです
どんな闘病かは今まだ分かりませんが そう心配せずその時その時を粉すことを・・・・

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です