マイクのユートピア /香港を如何支援するか!!

学生時代は 60年安保の学生生活のマイクです
金沢の内灘射撃場反対から始まる学生運動は東大樺美智子さん犠牲のデモに発展しました
あれ以来の警察アレルギーは 今の香港の若者と変わりありません
だから今テレビでの一番関心事は当然香港のニュースです
70年安保は会社から京大に研究生派遣され 家内を見付けた年でもありますが その時は大学側で徹夜で学生と対峙しました
若者の純真さ(60年)と行動力のその凄まじさ(特に70)を両方知っていて マイクの心に強く残っているのです

でもマイクには加賀百万石外様大名の風土が身に付いていて リーダー性は全くなく卑怯な裏方でのデモ参加しかやれていません
その通りの力量でしかないそのままの社会人現役時代を終えたことを悔やんだマイクが それを辞世の句にしたことを4/14に また10/1の最後にも引用しています

一ヶ月前には遺影と辞世の句を準備


こんな頼り無いマイクですが 昔から頼り無いのです
それでか 優しくして貰える家族と周囲に恵まれてきました
この事は恩として 自覚しているのですが 果たしてとなると?
でも優しさをタップリ頂いているマイクは 優しさとはを またありがたさを知っています
商売人の息子として また信心深い北陸の家庭に育ったお陰で 三方よしと 他力本願を意味を弁え育ってきました
外様大名の様に敵を精々作らないように育ったのです
万人兄弟なのです 共生社会でこそ

初めから話がそれ 長くなりました
マイクが個人情報保護法の弊害で個人的な大損をしたと言う訳ではないのですが好きでありません
増してマイクの情報が漏れて被害を被ったともないのです
人は皆平等の世界にいて また共生社会を目指すためにも クローズマインドや隠蔽が何故必要なのか分からないのです

学生時代の安保デモに参加するには共産党の理念を理解していないと自分を裏切ることをしていることになります
共産主義は利他的平等主義と理解し 利己中資本主義を軽蔑しているのです
また生産力は国/万民のものであり 子供も職業も生産するマシンとして平等共有なのです

経済つまり経世済民(世を経め民を済う)は 自分も他人の子供も国のもの人類皆兄弟の理念を夢見ていました
実は社会人になってもそのユートピアの思いは消えず 特許概念も不要な産業社会とか UNIXのようなオープンソースソフトの時代に単純に憧れている気分が残っていたのです
敗戦国日本の経済も文化も模倣の許容で今があるのです
いまの中国も そこまでだったら良かったのに 自己中の極みで覇権国に
シマッタと思ったアメリカはトランプの自己中ファーストで中国を模倣
こんな自己中な秘密隠蔽社会よりもと ユートピア社会を若者マイクは憧れていたのです

相互理解必須の共生社会には オープンマインドが前提です
クローズドな心には犯罪の匂いがします
犯罪者支援としての個人情報保護は日本では要らないのに オープンマインドな西洋社会では犯罪から守るために必要かも知れませんが 何でも下手に真似するなんてと思えます
自由主義・個人主義を弁えている西欧人が (移民などの自己中から守るために)管理社会化している様に見えるからと言って 従順な自国民を悪戯に縛ることはないのです
管理社会化は 中国共産党に憧れる資本家や政治家の自己中な願いなのです

医療の世界も自己保身のためにドンドン秘密を義務化し 患者の為にならない不本意な非効率化をしているようで残念で仕方がありません
日本全体が 憲法より先に 真剣に見直しすべきではと 素人で頼り無いマイクですが妄想してしまうのです

Share this...

One Reply to “マイクのユートピア /香港を如何支援するか!!”

  1. 藤井さま
    ブログ毎日読んでいます。
    病気のことに関しては、何も書けませんが、本日の話題なら書けます。
    60年安保には私も拘っています。
    私は学生時代から共産主義に反対で、デモには出ませんでした。
    私は今、日中不戦思想のブログを書いていますが、その観点から、あの当時の学生に憤りを持って居ます。
    大部分がデモに出た学年ですが、ほとんどが就職転向して、今は出世した人生の終盤を迎え、学生時代の正義感は忘れて、中国脅威論=中国敵視論にどっぷりと漬かっています。
    学生時代の思想がかくも簡単に放棄されて、平気でその反対の思想に染まって行くような日本人には思想は生まれない、と思うのです。
    是非こういう問題も書いて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です