忘己他利(もうこたり)まで 何でもあり?

昨日の「自分に徹する」に続いて
「社会と繋がる 関わる」 とはを考えてみます

人は皆支え合って生きていることを忘れてしまい易いのです
例え個人主義・自由主義者だと宣言しても 一人で生きられないので社会連帯責務を免れられません
しかし社会とは曖昧でもあり 意識せずに生きられることも事実ですが 時には確実に認識し合うことがあるのです
対等な繋がりもあれば一方的な世話を受ける付き合いもあるし 敵対することも稀ではなく 留意を欠かせないのも事実
人に善悪を 繋がりにも善悪を考えたくはないものの 無意識にでも避けられないのが現実

マイクはこんな事でエネルギーを費やさない様 見るのを避けたりフラついてみたりで 日頃意識もせず頑張ってもいません
清水さんの言葉に刺激され 他人を比較せず 繋がっていれば自分に徹するも良しの信念を見習えるかと考えてみたのです
これも最近の利己利他に悩むマイクの告白から展開したものでしたね

ところがNHKブラタモリで比叡山を取り上げ 延暦寺 伝教大師の教えの「忘己他利」の紹介がああった
利己でも 自分を通すでもない?
忘己他利こそ慈悲の極みとか
尚更難しいこの教えには着いて行けないのでここら辺で自分に戻ります

追記1 よく考えると仙人修行に憧れたり あの時もそうであった様に 逃避願望の強いマイクこそ 忘己 亡己 の素質を?

追記2 自己中をヘイトするマイクです
自己ファースト化する世界を誰も止められないなんて 人類皆兄弟と言った人に何とかならないかお願いしたいものです

今日は10/6の5団体合同パフォーマンス「オドルタカラバコ」の合同リハーサルに参加しました
この日はパーキンソンダンスWSもあり 9/30からの再入院再点滴中ですが 土日外出でチョイ出演します

明日は 徹する 関わる よりマイクにはミミッチイ癖である「比較」について考えて置かないとと思います
多分更に手に負えないテーマなので 途中で投げ出しそうですが?

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です