古事付けてでも納得できれば言うことなし

辛い時には気を紛らすのが常道ですが こんな今の清水さんにそんなこと勧められません
お仕事以上に優先して治療の選択肢を探すにしても 選択肢は多過ぎればいいと言うものでもなく また誰にでもお手伝いできるものでもなく そう思うとどうお声がけするかも少なからず気を使います
このような心境は病人同士言わずがなで通じ合える気安さと言うことにしておきましょうか
(告知を受けて沈んでいた頃の友人からの言葉がけは こちらが辛くなるほど大変なことに思われました)

マイクはマイクのALSを 「天罰」と早々に意味付け(故事付け?)し その上に それだけでは余りにも救いのない運命と諦めきれず 考え探したのが「天命」でした
その所為か 早い時期から病そのものへの不安を 今も 全く持っていません
酒を見つけられそうになったことを8/22に マイクが危ない事を恐れない「開き直り」のスコイ性格を持つと書きましたが 合わせて持っているのが「諦観」で これまたスコイ性格の方が(両方かも)効いたのでしょう
だから闘病より逃病が似合っているのです

病だけでなく人生そのものに意味付けする哲学紛いを楽しむことが好きなのも エンジョイ精神としてあるのです
清水さんも妄想をこよなく愛し それに納得出来るまでガンちゃんとゆっくりお付き合いください??
何しろステージⅢでも生存率100%なのですから
また9/3に書きました様に 病は人生共々の運命です
神様に生かされ 自らに任された運命でもあります
神頼みはしても自分をゆっくり眺められれることを感謝するのが一番だと思います

Share this...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です